富士通でスパコンの製品化が進行中

一度でいいから触ってみたいですね、スパコン。

今年の6月に世界最速を記録した国産のスーパーコンピューター
「京」の技術を移植した市販タイプのスーパーコンピューターが
いよいよ製品化され、年明けの1月にも販売がスタートする
ことが明らかになりました。

スーパーコンピューター「京」の開発に携わった富士通
(6702.T)によると、京の技術をさらに向上させた新製品と
なる予定だそうで、製品名は「PRIMEHPC
(プライムエイチピーシー)FX10」、価格は約5000万円
との事です。富士通では今後、3年間で50システムの販売を
目指しています。

新登場となる富士通のスーパーコンピューター
「PRIMEHPC(プライムエイチピーシー)」は、
「京」の技術を発展させたモデルで、プロセッサから
ソフトウェアまですべて富士通が開発しています。地震や
気象現象の解析のほか、新エネルギー開発、新薬開発や
医療研究などで大いに需要があると見られています。
富士通では顧客の要望に応じて、導入しやすい筐体1台から
大規模な計算処理が実現できる1024台までラインアップ
がそろう充実ぶりで、官公庁はもとより、企業からも
多くの需要が獲得できそうです。

理化学研究所富士通で共同開発された次世代スパコン「京」が
世界一になった時は毎秒8162兆回の計算をこなしましたが
今月2日には目標としていた毎秒1京(京は1兆の1万倍)回を
超える計算速度を達成したと発表されており、名実ともに
「京」を実現したことになります。1京回突破はもちろん
世界初で、国家レベルの次世代技術開発や企業競争力の
強化に不可欠となっています。

さいきん服を通販することが多いです。
お気に入りはメンズカジュアル。安くていいのがあるんですよね~。

タグ

2011年11月10日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ニュース

「借りぐらしのアリエッティ」が北米で公開

さて、今日はちょっと面白ニュースを!

日本でも大人気となったスタジオジブリのアニメ映画
「借りぐらしのアリエッティ」が、アメリカで上映される
事になり、北米版の予告編と販促用のポスターも公開され
ました。日本で使用されたポスターとはまったく違った印象
となっており、すでに内容を知っていても思わず興味を
惹かれる出来栄えとなっています。

ジブリのアニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」の
北米版はディズニーが配給を務めることになりますが、
このディズニーの影響をうけてか、新ポスターの印象は
すっかりディズニー風となっています。日本で使用された
ポスターは露を滴らせた葉の中にアリエッティがたたずんでいる
姿が描かれていましたが、北米版のポスターでは、
アリエッティがスプーンで角砂糖を運びながら小ビンの後ろに
隠れている様子を、反対側から人間の少年・翔が見つめている
様子が描かれ、日本版にはないメッセージ性が感じられます。

北米版のアリエッティは、主題歌をセシル・コルベルが歌い、
主題歌のタイトルは「Arrirty’s Song」と名付けられています。
北米版の予告編も「アリエッティ、しっかりとつかまって
いろよ!」というポッドの声で始まり、ロープで床上へと
上がったアリエッティが翔と出会い、親交を深めていく姿が
描かれています。日本版よりもアップテンポでミステリアス、
アドベンチャー的な印象が強い予告編に仕上がりました。

なお、北米での映画タイトルは、『ザ・シークレット・
ワールド・オブ・アリエッティ / The Secret World of
Arriety』(アリエッティの秘密の世界)となっています。

【関連ニュース】
Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111101-00000042-flix-movi
シネマトゥデイニュースURL
http://www.cinematoday.jp/page/N0036658

タグ

2011年11月2日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:ニュース

このページの先頭へ

イメージ画像